2017.09.01 00:00

葛の話シリーズ 第71話
秋月葛誕生秘話
葉室麟著「秋月記」に想いを重ねて(2)


小四郎が遊学仲間の坂田第蔵から託された内儀宛の手紙を届けに行った頃から彼の身辺に不穏な空気がまとわりつき始めた。第蔵の妻とせに不義密通の噂が立っており、相手は本藩から招聘された算学にたけた若侍姫野三弥だと言う。
小四郎は帰国後しばらくして、剣の師藤田伝助に帰国挨拶のため稽古館を訪れた。そこで小四郎は稽古仲間の末松左内が卑劣な手を使う姫野三弥に敗れるのを見て、姫野と立ち合わざるをえぬ羽目になった。姫野は宮本武蔵の開いた二天流の使い手だ。この時は、姫野は二刀を用いなかったので、勝敗なしで終った。
帰国翌年三月、小四郎は間(あいだ)家の養子になると同時にもよを娶った。しばらくして新婦のお披露目と称して、間家に幼友だち、江戸遊学仲間、それに藩剣術道場で藤田伝助から教えを受けた相弟子たちが集まった。席上、師は一人娘千紗(ちさ)を亡くしたため、職を辞して秋月を去ったことが話題となった。千紗の死は自害であり、遺書もあったそうだ。それには姫野三弥が絡んでいると坂田第蔵が言い出したので、一同は愕然とした。
十日ほどして小四郎は家若宮崎織部から館へ呼び出された。小四郎は、天然痘患者からかさぶたを採取するために、福岡藩の医師香江(こうえ)良介に従って福岡藩早良(さわら)郡へ行くように命じられた。本藩との折衝は黒崎の御蔵奉行所にいる坂田第蔵がやってくれるそうだった。
秋月から福岡までは約十里、途中大宰府に一泊して福岡入りをする。福岡で第蔵と落ち合って三人は早良郡へ向った。村の庄屋宅には以外にも剣の師藤田伝助が待っていた。種痘材料を得て、翌朝四人は早立ちをして、秋月へ向った。途中雨の降る山道で賊の待ち伏せに会い香江良介は肩先を切られ、背負った包を奪われた。しかし、良介が腹巻に隠していたかsぶたは無事だった。だが賊を追った伝助は無残にも竹林の中で凶弾の餌食となった。師の伝助を失った小四郎が気分の晴れない日々を送っているところへ惣兵衛と安太夫が訪れた。小四郎らを襲ったのは黒田家に仕える伏影(ふせかげ)と呼ぶ隠密ではないかと言った。
文化三(一八〇六)年六月、長旅を重ねてきたらしい様子の海賀藤蔵が小四郎を尋ねて来た。藩の重役たちの前で藤蔵は藩内の猛者十数人をたちまち投げ飛ばした。その場で宮崎家老は藤蔵を師範として召し抱えることに決めた。
藤蔵は稽古のない日は領内を見物して回った。そのうち長崎の石工が石の切り出しを始めていた古処山の麓の石切り場へ行くようになった。そこで藤蔵は吉次という若い石工と親しくなった。ある日藤蔵は小四郎を誘って石切り場へ行くと、入口付近で渡辺家老の中間で、髭面の大男能平と出会った。この男は、吉次たちに大阪でひと一人を殺したと、脅かし半分に喋ったことがあった。
石切り場からの帰途、小四郎は久しぶりに実父吉田太郎太夫宅に立ち寄った。石橋を造るために給与の扶持が削られるのを心配する声があるようだった。また、家老渡辺帯刀は借金返済のため大阪に出向くうちに、芸妓と馴染みになって身受けをし、秋月の自らの知行所に囲っているらしと語った。その女は七與(ななよ)といい、年季明けには左官職人と夫婦になる約束だった。帯刀は中間の熊平に左官を殺させたらしい。太郎太夫の耳にまで帯刀の悪い噂が聞こえてくることからして、帯刀が属する派閥の長である宮崎家若の藩政に不満を募らせる声はよほど大きくなっていると思われた。
数日後、小四郎は親戚の法事の帰りに、渡辺家老が大阪の女を隠しているらしい下屋敷の前を通り書かった。ちょうどその時酔っぱらった熊平が渡辺家老の家士によって追い出される場面に出くわした。そこへ渡辺家老が姫野三弥ら供を連れて騎馬で現われ、熊平を屋敷へ連れ込んだ。それから十日ばかりして、小四郎は妻のもよから渡辺家老のところの中間熊平が筑後川で入水したことを知らされた。熊平を始末したのは姫野三弥だと、もっぱらの噂だった。
文化四(一八〇七)年春、小四郎は藤蔵とともに、もよを連れて完成した石橋見物に出かけた。夕まずめの一刻、村の子供たちが橋の上を走り回っている。小四郎が注意すると子供たちは逃げ散った。稽古館教授の原子処の娘猷(みち)と名乗った十歳ぐらいの子供だけが橋の上に残った。危険を感じた小四郎は、猷を抱き上げ、そのまま対岸へ渡った。次の瞬間、轟音とともに石橋が粉塵を巻上げて崩れ落ちた。しばらくして、家老宮崎織部が、三弥をhじめ武士の一団を引連れて現われ、石工たちを引き立てていった。泣きながら吉次にすがりつくいとの姿が憐れを誘った。
石橋の崩落後間もなく、藩主長舒(ながのぶ)が病没し、嫡男の長韶(ながつぐ)が十九蔵で後を継いだ。橋崩落の責任は新藩主襲封に忙殺されて掻き消された。石工たちには襲封による特赦が下って文化五(一八〇八)年二月に長崎へ帰っていった。宮崎織部は石工放免の代りに吉次の恋人いとを妾にしたともっぱらの噂だった。
(続)

| 秋月葛誕生秘話 | コメント(0) | |

2017.07.22 12:35

葛の話シリーズ 第70話
秋月葛誕生秘話
葉室麟著「秋月記」に想いを重ねて


 筑前秋月藩は、元和九(一六二三)年、初代福岡藩主黒田長政(五十二万石)の遺言により、三男長興(ながおき)が五万石の知行を分け与えられてできた支藩である。秋月藩は幕府から朱印状を交付された独立した藩であったが、藩内に政変が起きると、福岡藩は秋月藩御用請持(目付役)を派遣して藩政に介入した。この物語の主人公は、秋月藩馬廻役二百石吉田太郎太夫の次男小四郎(元服名俊勝)である。彼は十歳から藩校の稽古館で、剣術と学問に励むようになった。稽古館へは小四郎より三歳年長で馬廻役百石の家柄の伊藤惣一(惣兵衛)。小四郎と同年で馬廻役、家格百八十石の手塚六蔵(安太夫)が通っていた。伊藤、手塚の二人は家督を継いだ。次男の小四郎には馬廻役二百五十石の間(あいだ)篤から養子縁組の話が持ち込まれた。さらに間家の遠縁に当たる書院番八十石の井上武左衛門の娘で、器量、気立てとも評判のも(・)よ(・)と夫婦にさせるとの約束までついていた。彼ら三人は何事をも腹蔵なく話せる幼馴染であった。

 秋月藩は文武に優れ、前途有望な青年に江戸遊学の機会を与えていた。今回は、小四郎の他に坂田第蔵、坂本汀、手塚龍助が選ばれた。この三人は小四郎とは稽古館の仲間だったが、いづれも家禄の低い家柄である。第蔵は小四郎より二歳年長で槍術、薙刀の免状を持っていた。両親はなくなり、坂田家の当主ですでに妻帯していた。他の二人はともに小四郎より一歳下で、世継長韶(ながつぐ)の小姓だった。

 小四郎らが秋月藩江戸上屋敷に着いたのは文化元(一八〇四)年五月のことだった。小四郎はすぐに神道無念流道場に入門した。入門当日、道場で小四郎は海賀(かいが)藤蔵と名乗る場心流柔術の達人から手合せを申し込まれた。木刀を取った小四郎は素手の藤蔵に完敗した。これを契機に小四郎は藤蔵と親交を深めていった。藩邸での四人共通の話題は何と言っても藩内情勢だった。第蔵は藩政に鋭敏で、首席家老宮崎織部については「君側の奸」だと厳しく批判していた。宮崎織部は四十過ぎで、二千二百石の身分、広大な屋敷に住む尊大な男である。江戸家老吉田久右衛門は温厚な人柄、病弱だった。もう一人の家老渡辺帯刀は上の者に対しては追従口である。織部は第八代目藩主長舒(ながのぶ)の絶大な信頼を得て権力を振った。長舒は七代目長堅が亡くなった時には後継ぎがいなかったため、日向高鍋藩主秋月家から養子として入った人である。長舒が藩主となって十九年。彼は秋月藩中興の祖とされる名君だったが、最近政治に飽きてきたと噂されていた。そこえ織部がつけ込み、藩政を牛耳りつつあるのだと家中で囁かれていた。

 小四郎は、江戸遊学二年目の文化二(一八〇五)年の夏、国元秋月への急便として帰国を命じられた。豊前の洞海湾に面した黒崎(北九州市)で下船した。長崎街道を飯塚まで南下し、秋月街道に入ると往還の人馬の行き来は激減した。長旅だったが、この新八丁峠を上りきると秋月藩領だ。父太郎太夫の話だと、秋月が福岡藩領であったころ、八丁越(旧)とは肥後(熊本県)・肥前(佐賀・長崎県)・筑後(福岡県南部)から豊前(福岡県東部・大分県北部)へ行く場合、秋月を経て古処山(筑紫山地の西端、標高八六二メートル)を超える峠道のことである。筑前国第一の険路が八丁(約八七〇メートル)続いたのでこの名が付いたと言われる。初代秋月藩主長興は寛永七(一六三〇)年に新八丁越の建設を命じ、数年かけて完成させた。小四郎はこの新道を通ったのだ。旧道ほどではないが、新道も相当に険阻な山路である。

 暑い盛りに、鎌首をもたげるような恰好をしてクズの蔓が道端へ伸び出して来ている。あたり一帯、灌木の枝に巻き登ったクズの蔓はたくさんの花房を着け、心地良さそうに白い葉裏をそよ風に翻らせていた。めいめいの花房は競うかのように芳香を匂い立たせ、小四郎のところへ送り届けてくるかのようであった。峠で胸元に風を送りながら、久しぶりに故郷の山々や町並みを望んだ。
秋月は盆地である。北東側は古処山・屏山(標高九二七メートル)・馬見山(九七八メートル)からなる筑紫山地が衝立のように遮り、その両側は標高四〇〇~六〇〇メートルの山並が囲む。南側には「秋月のふた」と呼ばれる小高い観音山があるだけで、その背後には筑紫平野が開けていた。秋月は盆地の町で東西に細長く、有明海に注ぐ筑後川の支流小石原川のまた支流の野鳥川が、盆地の中央を流れている。東西に伸びる川沿いの道と南北に交差する道が町並みを分けていた。二本の道沿いに武家屋敷、足軽屋敷、町屋を配した景観は筑前の小京都と呼ぶにふさわしいたたずまいを見せていた。

 秋月につくと、小四郎は江戸からの書状を届けるために、館(館城、館で城を兼ねたもの)に赴いた。書状は、宮崎織部から建議されていた石橋建設について、藩主長舒(ながのぶ)が裁可したことを告げるものだった。財政窮之のおりに、莫大な費用のかかる石橋建設には根強い販売があった。藩主長舒の襲封による出費も大きかった。大阪商人や本藩への借財も重なり、領内の富裕な町人、庄屋からは御用銀を納めさせていた。

| 秋月葛誕生秘話 | コメント(0) | |

2017.05.08 15:18

葛の話シリーズ 第69話
葛伝統産業の振興と葛にまつわる民俗・文化の保存を考える(七)


(八) 手漉き和紙
 今(一九九二)年戴いた年賀状の中に、クズの花と葉を色刷りした上にベージュ色の薄い手漉き和紙を貼り、ちょうどレースのカーテン越しにクズを眺めるような趣向をこらしたものがあった。これは静岡県掛川市役所に務める内田定男さんの手によるものである。賀状に貼った和紙は、高知県土佐市の池加津夫さんがクズの若い茎を漉いて作ったものだと言う。当時、内田さんは掛川市の林業山村活性化構造改善事業を立案し、それを推進しなければならない立場にあって、クズを森林資源の一つとしてとらえ、利用することを計画していた。
 クズ利用の一環として、和紙製造も検討する価値がある。和紙原料と言えば、すぐにコウゾ、ミツマタの名を思い浮かべるが、三重大学教育学部教授木村光雄さんによれば、稲わら、ススキのほか、チューリップ、ユリ、スイセンのような草花類でも製紙原料になると言うことだ。紙多用の時代に、森林資源保護の立場からも、山野に自生するクズに和紙原料を求めることは非常に意義深い。
 クズ和紙はハガキ、名刺等への用途がある。趣味の面では、クズの手漉き和紙は造花、はり絵、折り紙、紙人形作りなどの材料として使える。独特の風情を持っているので、工芸素材としていろいろな利用の途が期待できそうだ。

むすび

 クズを尋ねて、人があまり立ち入らない歴史の枝葉への散策を試みた。歴史の片隅にはささやかな逸話が密かに眠っているものである。「クズ」をキーワードにした検索によって、時間的にも、空間的にも大いに隔たりはあるが、さまざまな出来事が拾い出される。
 クズは一般には栽培されることがなかったにもかかわらず、芳香を放つ美しい花をつけることに加えて、地表をほ伏したり、支柱に巻き上がったりする特異的、かつ旺盛な生育ぶりが人の心をひきつけるところとなったのであろう。もちろん、クズが幅広い用途を持つことも、この植物を馴染み深いものにしてきた。
 クズは産業、工芸、芸能、信仰、宗教などさまざまな領域で人々の暮らしの中に溶け込み、一種の習俗として定着してしまっている部分さえある。クズに関連する産業、技芸あるいは習俗は長い歴史の試練をへてきたものであるから、すでに立派な文化財としての価値さえ備えるに到っている。とは言うものの、現代のような目まぐるしく移り動く時代の狭間にあっては、いつ消えてしまっても不思議ではない存在である。このような文化遺産というべきものを絶やさないようにしようとする細やかな心遣いこそ、民族や人類の将来にとって大切にしなければならないものである。
 産業として自立してゆけるものは支援し、亡ぼすに惜しい伝統的技芸、芸能には保護の手を差し伸べ、消え去ろうとする良き習俗に保存の対策を講じなければならない。また、現存する関連資料の散逸防止も急務である。そのためには、中核となる葛産業・葛文化伝承館のような施設が必要なことはいうまでもない。クズに関連する産業や技芸、クズにまつわる民俗・文化の掘り起こしを計り、それらの価値を再発見し、地域の振興策として取り入れることこそ伝承館設立の狙いとすべきである。
 葛粉、葛布、葛根湯という伝統的産品は、医薬、食品あるいは室内装飾品という形で現代の生活に受け入れるに足る十分な素地を持つ。また、製品や関連技術は現代産業といつ、どんなところで結びつくかわからない。したがって、伝承館はクズに関連する産業や民族にまつわる資料を収蔵する単なる博物館としてではなくて、その産業や民俗・文化を将来のために生き延びさせる役割を負わねばならない。そのためには、それは後継者の育成、製品開発、工房や展示場および観光客に体験の場を与えることができる発展的、かつ総合的な施設にする必要がある。
 静岡県掛川市は、葛布製造を中心とした「葛つた加工施設」、「体験・展示施設」「葛文化資料館」(いづれも仮称)の三施設の建設を企画・検討している。「生涯学習まちづくり土地条例」に基づく「森の都まちづくり」の方法として地元住民から要望書が提出されたと言うことである。島根県大田市温泉津町では約二五〇年前に建てられた旧本陣を修復して、葛粉製造に関する資料収集に主眼を置いた「葛伝承館(仮称)」を設立したいという希望を持っている。いづれも、筆者にとっては耳よりな話で、着工の日が待ち遠しい。
 本稿を書き終えようとした頃、思いがけない出来事が持ち上がった。兵庫県氷上郡山南町でクズを使った町おこしが計画されたのである。山南町は大阪から約一時間半の道程で、JR福知山線谷川駅を中心とする住民約一五〇〇〇人の町である。この街は過去にクズと特に縁があったというわけではない。ここは昔からオオレン、その他薬草の産地として全国的に知られており、県の薬草試験地に指定されている。薬草の他に花卉、庭木の育苗を主体とした農林業で生計を立てている純然たる農村地帯である。地下ごと、各地で里山のよさを見直す機運が高まってきて、里山の保全・管理が叫ばれるようになったが、里山で目立つのはクズの繁殖ぶりである。厄介者の葛の駆除に精を出すだけでは能がない。山南町の人たちはクズ利用の途を見い出し、地域おこしに活用して、里山の保全につなげていこうと考えた。
 平成四(一九九二)年六月六日には「わが町の葛を活かそう」という課題で、山南町と神戸新聞社主催の「ふる里を知る科学講演会」が催された。筆者は演者として招かれ、スライドをまじえながら、本稿で述べた内容の公演を行った。会場には葛の旧茎で編んだ花入れ、花輪がさっそく町婦人会の有志によって出品された。静岡県掛川市からは葛布製の色紙掛け、葛がらわらじ等が当日会場へ持参された。高知県土佐市から葛の手漉き和紙を取り寄せ展示した。いずみ会(食生活改善推進員団体)による葛湯、葛饅頭、葛餅の試食会もあった。四〇〇名以上の出席者を得て、好評を博したので、主催者側は大いに面目を施した次第である。
 山南町では「町おこし」の目玉に邪魔者のクズの旧茎を花入れ、花輪、籠、電気スタンドのほや等に編んで、装飾用工芸品あるいは実用品として日常生活に取り入れようと言うのである。これまで数回にわたり講師を招き、葛編細工の講習会を開いて技術の習得に務めてきた。受講者は技術の上達が速く、かなりの出来栄えの作品が並んだ。さらに研鑽を積めば、十分評価に耐えるものが出来るに違いない。なお平成五(一九九三)年一月には「葛のつる工芸研究会」を発足させて、技術の向上に励んでいる。今後の展開が楽しみである。
 「クズで地域おこし」を計画する市町村が名乗り出てくれば、一堂に会して交流を計り、協力して発展の方向を探ってゆくのもよい。
 米国南東部のクズと縁のある町と姉妹都市関係を結ぶ案などは、どんなものだろうか。一九三〇~四〇年代には、米国では南部諸州を中心に、土壌侵蝕を防止するために、国策としてクズの植栽が奨励された。当時、クズは大いにもてはやされて、種子をわが国から輸入し、数百万ヘクタールの面積に植えられた。ところが、今ではそれらは駆除の対象になり下がっている。日米で共同して活用の途を探し求めてゆけば、何らかの展望が開けてくるものと思われる。努力と工夫を要する共同作業は、日米両国の相互理解と親睦を増すうえで大いに役立つはずである。こんな時に、葛産業・葛文化伝承館が在り来たりでない文化交流の拠点となることこそ筆者の願いである。

謝辞

 本稿を草するにあたって、奈良県吉野郡吉野町役場植田義則氏、静岡県掛川市役所内田定男氏、兵庫県氷上郡山南町役場瀬川千代子氏、島根県太田市温泉津町の町おこしグループ「西田会」三明慶輝氏には写真その他資料の入手にご尽力を賜った。ここに改めて感謝の意を表する。

神戸大学名誉教授 津川 兵衛

| 葛伝統産業の振興と葛にまつわる民俗・文化の保存を考える | コメント(0) | |

2016.12.12 16:02

葛の話シリーズ 第68話
葛伝統産業の振興と葛にまつわる民俗・文化の保存を考える(六)


(六) 現代版葛履
 詩経の「南山」と題する詩には「葛履五兩(葛の履(くつ)は五つ兩(ぞろ)い)」また「葛履(かっく)」には「糾糾(きゅうきゅう)たる葛履(おんぼろの葛の履)」という語句がみえる。葛履とはクズの蔓から作った夏用の履物である。底を二重にした履物を舃(せき)と言い、ひとえのものが履(く)である。周礼(しゅうらい)(周代の官制を記した書)によると、履人という官職があって、王や后の履物を作っていたそうである。葛履を作るのに葛布と同様に新茎(当年茎)の靭皮繊維を使っていたのか、あるいは他の部分を使っていたのかは筆者は知らない。どんな形をしたものだろうか。今でも中国で葛履を作っているのだろうか。訪中の際にはぜひとも調べてみたいものである。

 わが国でも、葛履に類するものを使っていた時代があったことは間違いないのであるが、クズの蔓で履物を作る習俗などはもはや廃れてしまっているものと思っていた。ところが、静岡新聞平成三(一九九一)年九月一五日版の「元気に葛がら草履編み」の記事から葛履物を作る習慣が残っていることを知った。静岡県磐田郡豊岡村虫生(むしゅう)に住む松居喜代蔵さんは九九才といえどもお元気である。二十才の頃から始めた「葛がら」による草履、わらじ作りを今でも続けている。「葛がら」というのは、葛布用に靭皮繊維(じんぴせんい)を取ったあとに残った新茎のスポンジ様の芯の部分のことを言う。掛川の葛織物の盛期には、葛がらが大量に出た。廃棄物となる運命にある葛がらの利用法として考え出されたのが「葛がら草履」である。葛がらで安打草履、わらじは稲わらで作ったものよりも軽くて、耐水性に優れており、しかも滑りにくいので、鮎釣り愛好者の間で人気を得ている。

 先人が葛がらの長所に目をつけ、履物に編んだのは一種の生活の知恵と言えるのではないか。茶畑に雑草が生えるのを防ぐために、刈り取ったススキなどを敷くが(マルチ)、葛がらはその代わりにもなると思われる。これをも含め、時代の要請に見合った葛がらの用途を見つけ出すことこそ、伝統工芸を継承する者の務めであろう。

(七) 生薬葛根(かっこん)
 中国の話である。臨界の章安鎮という村に蔡という大工がいた。ある宵の口のこと、仕事からの帰り道に東山という墓場のあるところを通りかかった。祝い酒でもしこたま飲んだのであろうか、彼は泥酔していたのである。そこに放置されていた棺桶を自分の家の寝床と勘違いして、その上で寝てしまった。夜中に酔いが醒め、寒さで目をさましたが、真暗闇で進むことが出来ないので、棺の上に座って夜明けを待つことにした。すると、棺の中で声がした。
 「私は某家の娘です。病気になって死にそうです。私の家の裏庭の葛兄ちゃんが私に祟っています。法師に頼んで葛の霊を取り除いてください。」

 主人が案内した裏庭はすっかりクズに占領されてしまっていた。蔡は這いつくばってクズの蔓を刈り払い、大きな根を掘り当てた。根に傷を入れたら血が出てきたのでそれを煮て娘に飲ませたら病気はすぐに治った。

 この怪奇談は明代に陶宗儀が著した「輟畊録(てっこうろく)(耕をやめて、しばし憩う)」に出てくる話である。血と見えたのは根に含まれる褐色の汁液で、それが娘の病気に効いたのだろうか。このことについては著者は何も伝えていない。

 クズの根をサイの目に刻んで乾燥したものは葛根と呼ばれ、漢方では主薬として処方される。葛根が処方される和漢薬には次のようなものがある。

 葛根湯(かっこんとう)、葛根黄連黄芩湯(かっこんおうれんおうごんとう)、葛根紅花湯(かっこんこうかとう)、葛根湯加川芎辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)、桂皮加葛根湯(けいひかかっこんとう)、升麻葛根湯(しょうまかっこんとう)、参蘇飲(じんそいん)、清胃潟火湯(せいいしゃかとう)、銭氏白朮散(せんしびゃくじゅうさん)、独活葛根湯(どっかつかっこんとう)、奔豚湯(はんとんとう)(注七参照)。
これらのうちでもっとも有名なものが葛根湯である。中国の経験医学書である「傷寒論」は、次のような症状を示す風邪に葛根湯が効くという。

① 体力が中等以上にある人で、頭痛、悪寒、発熱の基本症状がある。
② 汗が出ない。
③ 首の後ろがこる。

 風邪をひくと憂鬱な気分になる。また、風邪は万病のもとと言われているように、さまざまな重病の引き金になるので、昔から風邪には葛根湯が重宝がられてきた。しかし、どんな病人にもあてずっぽうに葛根湯ばかり出していた医者があったものだから、落語の「葛根湯医者」に出てくるような話が生まれたのである。最近は葛根湯エキスに新薬を配合した和洋折衷タイプの風邪薬が販売され、売上を伸ばしている。このことが大いに貢献しているものと思われるが、葛根の輸入量は急激に増大している。それにもかかわらず、葛根の国内生産は減少傾向にある。葛関連産業を振興して「地域おこし」を計画している市町村では、葛根製造を加えるのも一計ではないかと思われる。クズという植物にまつわる民族・文化を調べてゆく過程で、一つの産業を形成してきた葛根製造をないがしろには出来ないことに気付いた(注六参照)。その歴史的資料を大切にしたいものである。

| 葛伝統産業の振興と葛にまつわる民俗・文化の保存を考える | コメント(0) | |

2016.09.01 14:27

葛の話シリーズ 第67話
葛伝統産業の振興と葛にまつわる民俗・文化の保存を考える(五)


(四) 葛粉
 昭和天皇は崩御の直前に葛湯を召し上がって、美味しかったとおっしゃったと、新聞は大きな見出し付きで報道した。これは製葛(葛粉製造)業にたずさわる者にとっては大いに誇りとなったに違いない。現在、製葛は奈良、福岡、鹿児島、石川、福井、島根県などで行われており、葛粉は主に和菓子原料、調理材料として使われる。高級料亭に限らず、一般家庭でも「あんかけ」とか「濃餅(のっぺい)」をつくるときには今でも本葛(ほんくず)(混ぜものは入っていない純粋の葛粉)にこだわる人がいる。
 わが国では年間四〇〇トンの葛粉が生産されているが、半分は中国と韓国から粗製葛を輸入してまかなっている。葛粉製造をすべて手作業で行っていた時代には、クズ澱粉の歩留まりは約八%であった。しかし、甘藷澱粉製造用機械を導入した最新の方法では約十一%にまで向上している。わが国には原料のクズ根は豊富にあるが、掘り手がないため原料は入手困難に陥っている。
 製葛工程では、まず破砕したクズ根を水中で揉みほぐすようにして組織中の澱粉を取り出す。繊維は篩別して除き、澱粉を容器の底に沈殿させる。上澄み液を除くと粗製葛が得られる。粗製葛を清澄な水に懸濁し、澱粉の沈殿、上水の除去を繰り返し行うことによって精製された葛粉が出来あがる。
 潰した植物体から水を用いて澱粉を取り出し、精製してゆく工程を水晒し法と呼んでいる。この技法の開発によって、たとえ有毒物質を含む塊根、塊茎、りん茎類であっても食用に供することが出来るようになった。だから、以前は食用にならず、放置されたいた植物も栽培され、食生活に組入れられるようになったのではないか。しかも、この技法は現在の食品産業の基本技術である粉砕、篩別、ろ過、沈殿、攪拌、溶解、懸濁の操作をすべて含んでいる点で注目すべきである。

(五) 葛布
 衣服を作るために利用してきた食物繊維には樹皮繊維と草皮繊維がある。前者にはカジノキ、コウゾ(クワ科)、クズ、ヤマフジ(マメ科)、シナノキ(シナノキ科)などの繊維が含まれ、後者にはカラムシ(イラクサ科)、アサ(クワ科)などがある。樹皮繊維は堅靭であるため、灰汁、糠などを使い、水で晒して、柔らかくして採線しなければならないので、柔軟で績ぎやすい草皮繊維へと次第に移っていったと考えられる[注一参照]。樹皮繊維から作る掛川市の手織葛布が地場産業として現存するのは、極めて特異な例と言わねばならない。
 古墳時代前期に造築されたと推定される福岡県菖蒲ヶ浦一号墳から、目の粗い葛布(織り密度(八~九)×(六~七)が付着した方格規矩(きく)鏡が出土しているので、この頃にはすでに葛布を使っていたと思われる。中国では、江蘇省呉県草鞋山遺址(そうあいざんいし)の下層文化層(馬家浜期(ばかひんき)、前四三二五年)から密度一〇×(一三‐一四)の葛布が出ているので[注九参照]わが国でも葛布の利用は縄文時代にさえ遡ることが出来るかも知れない。
 万葉集にはクズ繊維を布に織り、衣服にしていたことを示す数首の歌が収められている。

   女郎花生ふる沢辺の真葛原
      何時かも絡りてわが衣に着む(巻二、読み人知らず)

   霍公鳥(ほととぎす)鳴く声聞くや
      卯の花の咲き散る岳に田葛引く少女(巻二、読み人知らず)

 右の歌から、原料となるクズの若茎は容易に手に入ったので、葛織物が普及していたことがうかがえる。
 現在のところ、葛布産業が存在するのはわが国では掛川市に限られているが、佐賀県唐津市佐志と伊万里市波多津木場(はたづこば)で最近まで行われていた[注九参照]。また、鹿児島県串木野市の西約四〇キロメートルの沖合に浮かぶ上甑(かみこしき)島の上甑村瀬上でも昭和三〇(一九五五)年頃まで葛布を織っていたと言うことである[注二参照]。昭和(一九二六~一九八八年)の初めまでは、瀬上地区ではクズの新茎の生育をよくするために、共同管理をしていた原野に火入れをしていた。そして、「口明け」という採取解禁日が来ると、日と人数を決めて「焼けクズ」と呼ぶ若い茎を取りに出かけた。
 太くて、勢いよく伸長した蔓をふたひろぐらいの長さで釜で刈り取る。採線のために蔓の根元から先端に向かって皮を剥(む)くのであるが、芯の部分を歯で噛んで皮層の部分を手で引っぱってむく剥く。節の部分にくると、葉を左右で持ち、右手の爪で繊維を切らないようにして葉の付根の部分の皮を丁寧に剥く。節をすぎると次の節の手前まで一気に皮を手で引っぱって剥くのである。これと比較すると、掛川市で現在行われている採線法には改良の跡がみられるが、それでも、クズが長い年月にわたって利用されてきたわりにはその進歩は遅々たるものであったと言わざるをえない。幸い、静岡県浜松工業技術センターの繊維加工技術スタッフの協力をはじめ各界の助言を得て、クズづくり(クズの繊維から糸を作ること)工程の機械化が計られているので、この平成の時代に葛布製造史上特筆すべき技術革新が行われるものと期待している。
 京都市中京区新町の吉田幸次郎さんは、「生活工芸館‐無名舎」と名付けた邸宅を一般に開放し、同家に伝わる衣服、その他の布製品を四季折々に公開している。無名舎の夏座敷を訪れると、鴫(しぎ)が遊泳するさまを描いた暖簾(葛地鴫遊泳図四巾暖簾)が座敷と中庭を仕切るようにして掛っている。人が側を通り過ぎるだけでもこの暖簾はゆらぐ、夏の京都盆地の午後は風が絶え、うだるような暑さである。そんなときでさえも、この暖簾はかすかにゆらいで涼しさを呼び寄せてくれる。こんなところにも先人たちがあみ出した生活の知恵が息づいているのである 。
 吉田家の所蔵品目録の中には、他にも幾つかの葛布製品がみえる。「紫葛地丸に十字紋火事装束胸当付(火事装束)」、「紺葛布単半合羽(道中合羽)」、「白茶葛綾地縞野袴(野袴)」、「藍葛布地肩衣(かたぎぬ)(裃の上半分)」、「山吹風葛布肩衣」など、いずれも実用に耐えてきたものである。
 葛布製造および葛織物に関連する資料なら、掛川市の旧家にはかなりの品数が保存されているはずである。散逸する恐れもあるので、公的機関で集中して収蔵すれば、文化財としてそれらの価値が生かされると思われるが、いかがなものであろうか。

(六) 現代版葛履
 詩経の「南山」と題する詩には「葛履五兩(葛の履(くつ)は五つ兩(ぞろ)い)」また「葛履(かっく)」には「糾糾(きゅうきゅう)たる葛履(おんぼろの葛の履)」という語句がみえる。葛履とはクズの蔓から作った夏用の履物である。底を二重にした履物を舃(せき)と言い、ひとえのものが履(く)である。周礼(しゅうらい)(周代の官制を記した書)によると、履人という官職があって、王や后の履物を作っていたそうである。葛履を作るのに葛布と同様に新茎(当年茎)の靭皮繊維を使っていたのか、あるいは他の部分を使っていたのかは筆者は知らない。どんな形をしたものだろうか。今でも中国で葛履を作っているのだろうか。訪中の際にはぜひとも調べてみたいものである。
 わが国でも、葛履に類するものを使っていた時代があったことは間違いないのであるが、クズの蔓で履物を作る習俗などはもはや廃れてしまっているものと思っていた。ところが、静岡新聞平成三(一九九一)年九月一五日版の「元気に葛がら草履編み」の記事から葛履物を作る習慣が残っていることを知った。静岡県磐田郡豊岡村虫生(むしゅう)に住む松居喜代蔵さんは九九才といえどもお元気である。二十才の頃から始めた「葛がら」による草履、わらじ作りを今でも続けている。「葛がら」というのは、葛布用に靭皮繊維(じんぴせんい)を取ったあとに残った新茎のスポンジ様の芯の部分のことを言う。掛川の葛織物の盛期には、葛がらが大量に出た。廃棄物となる運命にある葛がらの利用法として考え出されたのが「葛がら草履」である。葛がらで安打草履、わらじは稲わらで作ったものよりも軽くて、耐水性に優れており、しかも滑りにくいので、鮎釣り愛好者の間で人気を得てい る。
 先人が葛がらの長所に目をつけ、履物に編んだのは一種の生活の知恵と言えるのではないか。茶畑に雑草が生えるのを防ぐために、刈り取ったススキなどを敷くが(マルチ)、葛がらはその代わりにもなると思われる。これをも含め、時代の要請に見合った葛がらの用途を見つけ出すことこそ、伝統工芸を継承する者の務めであろう。

(七) 生薬葛根(かっこん)
 中国の話である。臨界の章安鎮という村に蔡という大工がいた。ある宵の口のこと、仕事からの帰り道に東山という墓場のあるところを通りかかった。祝い酒でもしこたま飲んだのであろうか、彼は泥酔していたのである。そこに放置されていた棺桶を自分の家の寝床と勘違いして、その上で寝てしまった。夜中に酔いが醒め、寒さで目をさましたが、真暗闇で進むことが出来ないので、棺の上に座って夜明けを待つことにした。すると、棺の中で声がした。
 「私は某家の娘です。病気になって死にそうです。私の家の裏庭の葛兄ちゃんが私に祟っています。法師に頼んで葛の霊を取り除いてください。」
 主人が案内した裏庭はすっかりクズに占領されてしまっていた。蔡は這いつくばってクズの蔓を刈り払い、大きな根を掘り当てた。根に傷を入れたら血が出てきたのでそれを煮て娘に飲ませたら病気はすぐに治った。
 この怪奇談は明代に陶宗儀が著した「輟畊録(てっこうろく)(耕をやめて、しばし憩う)」に出てくる話である。血と見えたのは根に含まれる褐色の汁液で、それが娘の病気に効いたのだろうか。このことについては著者は何も伝えていない。
 クズの根をサイの目に刻んで乾燥したものは葛根と呼ばれ、漢方では主薬として処方される。葛根が処方される和漢薬には次のようなものがある:
 葛根湯(かっこんとう)、葛根黄連黄芩湯(かっこんおうれんおうごんとう)、葛根紅花湯(かっこんこうかとう)、葛根湯加川芎辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)、桂皮加葛根湯(けいひかかっこんとう)、升麻葛根湯(しょうまかっこんとう)、参蘇飲(じんそいん)、清胃潟火湯(せいいしゃかとう)、銭氏白朮散(せんしびゃくじゅうさん)、独活葛根湯(どっかつかっこんとう)、奔豚湯(はんとんとう)(注七参照)。
これらのうちでもっとも有名なものが葛根湯である。中国の経験医学書である「傷寒論」は、次のような症状を示す風邪に葛根湯が効くという。
① 体力が中等以上にある人で、頭痛、悪寒、発熱の基本症状がある。
② 汗が出ない。
③ 首の後ろがこる。
 風邪をひくと憂鬱な気分になる。また、風邪は万病のもとと言われているように、さまざまな重病の引き金になるので、昔から風邪には葛根湯が重宝がられてきた。しかし、どんな病人にもあてずっぽうに葛根湯ばかり出していた医者があったものだから、落語の「葛根湯医者」に出てくるような話が生まれたのである。最近は葛根湯エキスに新薬を配合した和洋折衷タイプの風邪薬が販売され、売上を伸ばしている。このことが大いに貢献しているものと思われるが、葛根の輸入量は急激に増大している。それにもかかわらず、葛根の国内生産は減少傾向にある。葛関連産業を振興して「地域おこし」を計画している市町村では、葛根製造を加えるのも一計ではないかと思われる。クズという植物にまつわる民族・文化を調べてゆく過程で、一つの産業を形成してきた葛根製造をないがしろには出来ないことに気付いた(注六参照)。その歴史的資料を大切にしたいものである。

(八) 手漉き和紙
 今(一九九二)年戴いた年賀状の中に、クズの花と葉を色刷りした上にベージュ色の薄い手漉き和紙を貼り、ちょうどレースのカーテン越しにクズを眺めるような趣向をこらしたものがあった。これは静岡県掛川市役所に務める内田定男さんの手によるものである。賀状に貼った和紙は、高知県土佐市の池加津夫さんがクズの若い茎を漉いて作ったものだと言う。当時、内田さんは掛川市の林業山村活性化構造改善事業を立案し、それを推進しなければならない立場にあって、クズを森林資源の一つとしてとらえ、利用することを計画していた。
 クズ利用の一環として、和紙製造も検討する価値がある。和紙原料と言えば、すぐにコウゾ、ミツマタの名を思い浮かべるが、三重大学教育学部教授木村光雄さんによれば、稲わら、ススキのほか、チューリップ、ユリ、スイセンのような草花類でも製紙原料になると言うことだ。紙多用の時代に、森林資源保護の立場からも、山野に自生するクズに和紙原料を求めることは非常に意義深い。
 クズ和紙はハガキ、名刺等への用途がある。趣味の面では、クズの手漉き和紙は造花、はり絵、折り紙、紙人形作りなどの材料として使える。独特の風情を持っているので、工芸素材としていろいろな利用の途が期待できそうだ。

むすび

 クズを尋ねて、人があまり立ち入らない歴史の枝葉への散策を試みた。歴史の片隅にはささやかな逸話が密かに眠っているものである。「クズ」をキーワードにした検索によって、時間的にも、空間的にも大いに隔たりはあるが、さまざまな出来事が拾い出される。
 クズは一般には栽培されることがなかったにもかかわらず、芳香を放つ美しい花をつけることに加えて、地表をほ伏したり、支柱に巻き上がったりする特異的、かつ旺盛な生育ぶりが人の心をひきつけるところとなったのであろう。もちろん、クズが幅広い用途を持つことも、この植物を馴染み深いものにしてきた。
 クズは産業、工芸、芸能、信仰、宗教などさまざまな領域で人々の暮らしの中に溶け込み、一種の習俗として定着してしまっている部分さえある。クズに関連する産業、技芸あるいは習俗は長い歴史の試練をへてきたものであるから、すでに立派な文化財としての価値さえ備えるに到っている。とは言うものの、現代のような目まぐるしく移り動く時代の狭間にあっては、いつ消えてしまっても不思議ではない存在である。このような文化遺産というべきものを絶やさないようにしようとする細やかな心遣いこそ、民族や人類の将来にとって大切にしなければならないものである。
 産業として自立してゆけるものは支援し、亡ぼすに惜しい伝統的技芸、芸能には保護の手を差し伸べ、消え去ろうとする良き習俗に保存の対策を講じなければならない。また、現存する関連資料の散逸防止も急務である。そのためには、中核となる葛産業・葛文化伝承館のような施設が必要なことはいうまでもない。クズに関連する産業や技芸、クズにまつわる民俗・文化の掘り起こしを計り、それらの価値を再発見し、地域の振興策として取り入れることこそ伝承館設立の狙いとすべきである。
 葛粉、葛布、葛根湯という伝統的産品は、医薬、食品あるいは室内装飾品という形で現代の生活に受け入れるに足る十分な素地を持つ。また、製品や関連技術は現代産業といつ、どんなところで結びつくかわからない。したがって、伝承館はクズに関連する産業や民族にまつわる資料を収蔵する単なる博物館としてではなくて、その産業や民俗・文化を将来のために生き延びさせる役割を負わねばならない。そのためには、それは後継者の育成、製品開発、工房や展示場および観光客に体験の場を与えることができる発展的、かつ総合的な施設にする必要がある。
 静岡県掛川市は、葛布製造を中心とした「葛つた加工施設」、「体験・展示施設」「葛文化資料館」(いづれも仮称)の三施設の建設を企画・検討している。「生涯学習まちづくり土地条例」に基づく「森の都まちづくり」の方法として地元住民から要望書が提出されたと言うことである。島根県大田市温泉津町では約二五〇年前に建てられた旧本陣を修復して、葛粉製造に関する資料収集に主眼を置いた「葛伝承館(仮称)」を設立したいという希望を持っている。いづれも、筆者にとっては耳よりな話で、着工の日が待ち遠しい。
 本稿を書き終えようとした頃、思いがけない出来事が持ち上がった。兵庫県氷上郡山南町でクズを使った町おこしが計画されたのである。山南町は大阪から約一時間半の道程で、JR福知山線谷川駅を中心とする住民約一五〇〇〇人の町である。この街は過去にクズと特に縁があったというわけではない。ここは昔からオオレン、その他薬草の産地として全国的に知られており、県の薬草試験地に指定されている。薬草の他に花卉、庭木の育苗を主体とした農林業で生計を立てている純然たる農村地帯である。地下ごと、各地で里山のよさを見直す機運が高まってきて、里山の保全・管理が叫ばれるようになったが、里山で目立つのはクズの繁殖ぶりである。厄介者の葛の駆除に精を出すだけでは能がない。山南町の人たちはクズ利用の途を見い出し、地域おこしに活用して、里山の保全につなげていこうと考えた。
 平成四(一九九二)年六月六日には「わが町の葛を活かそう」という課題で、山南町と神戸新聞社主催の「ふる里を知る科学講演会」が催された。筆者は演者として招かれ、スライドをまじえながら、本稿で述べた内容の公演を行った。会場には葛の旧茎で編んだ花入れ、花輪がさっそく町婦人会の有志によって出品された。静岡県掛川市からは葛布製の色紙掛け、葛がらわらじ等が当日会場へ持参された。高知県土佐市から葛の手漉き和紙を取り寄せ展示した。いずみ会(食生活改善推進員団体)による葛湯、葛饅頭、葛餅の試食会もあった。四〇〇名以上の出席者を得て、好評を博したので、主催者側は大いに面目を施した次第である。
 山南町では「町おこし」の目玉に邪魔者のクズの旧茎を花入れ、花輪、籠、電気スタンドのほや等に編んで、装飾用工芸品あるいは実用品として日常生活に取り入れようと言うのである。これまで数回にわたり講師を招き、葛編細工の講習会を開いて技術の習得に務めてきた。受講者は技術の上達が速く、かなりの出来栄えの作品が並んだ。さらに研鑽を積めば、十分評価に耐えるものが出来るに違いない。なお平成五(一九九三)年一月には「葛のつる工芸研究会」を発足させて、技術の向上に励んでいる。今後の展開が楽しみである。
 「クズで地域おこし」を計画する市町村が名乗り出てくれば、一堂に会して交流を計り、協力して発展の方向を探ってゆくのもよい。
 米国南東部のクズと縁のある町と姉妹都市関係を結ぶ案などは、どんなものだろうか。一九三〇~四〇年代には、米国では南部諸州を中心に、土壌侵蝕を防止するために、国策としてクズの植栽が奨励された。当時、クズは大いにもてはやされて、種子をわが国から輸入し、数百万ヘクタールの面積に植えられた。ところが、今ではそれらは駆除の対象になり下がっている。日米で共同して活用の途を探し求めてゆけば、何らかの展望が開けてくるものと思われる。努力と工夫を要する共同作業は、日米両国の相互理解と親睦を増すうえで大いに役立つはずである。こんな時に、葛産業・葛文化伝承館が在り来たりでない文化交流の拠点となることこそ筆者の願いである。

謝辞

 本稿を草するにあたって、奈良県吉野郡吉野町役場植田義則氏、静岡県掛川市役所内田定男氏、兵庫県氷上郡山南町役場瀬川千代子氏、島根県太田市温泉津町の町おこしグループ「西田会」三明慶輝氏には写真その他資料の入手にご尽力を賜った。ここに改めて感謝の意を表する。

| 葛伝統産業の振興と葛にまつわる民俗・文化の保存を考える | コメント(0) | |